秋季練習2日目、西川「3割打つためにどうするか考えてやりたい」高橋大「差 縮まらんかったらクビだと思ってる」【N6】

[2019年10月 カープ関連 テレビ放送]

RCCテレビ “RCCニュース6” で秋季練習2日目のハイライトが放送。来季こそ3割を目指す西川と、同級生・高橋大樹の意気込み。

カープ秋季練習2日目、西川&高橋大樹

昨日と同じ10時に始まった2日目の秋季練習、FA宣言せずに残留を表明した會澤選手は明るい様子でした。午前中は昨日に続いて、投手と野手が混じっての合同ノック、一体感を大事にする佐々岡監督ならではの練習です。

西川龍馬

楽しそうにボールを追った西川はこの練習に、好印象を抱いていました。

西川「ボクは良いと思います、普段やっぱりピッチャーとね、コミュニケーションとることないし、一緒にノック受けて練習したらね、より深まると思います」

2019年の心残り

西川「結局ね、目標も全く。自分の個人としての目標は全然アカンかったんで。今年はもう3割ね、打てれば良かったっすけど結局打てんかったんで。打つためにどうするか考えて、秋はやりたいなって」

今日から1軍合流、高橋大樹

高橋「まだ全然追いつけるレベルではないんで、来年どのぐらい差 縮まるか、もう縮まらんかったらもうクビだと思ってるんで。そこはなんとか追いつけるようには、近くにいけるように」

高橋「7年間ずっとバッティングって言ってるんですけど、バッティングは1番確率上がらないと1軍には残れないんで、とりあえず今やってきてたことをレベルアップするように」

RCCテレビ [10日] RCCニュース6 より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す