會澤がカープ残留、谷繁さん「物語的にできるキャッチャー」内田さん「新井の3割と本塁打王の感覚と似てる」【Eスポ】

[2019年10月 カープ関連 テレビ放送]

RCCテレビ “Eタウン・SPORTS” で残留を表明したカープ會澤翼捕手の特集が放送。プロ野球解説者の谷繁元信さん、元2軍監督・打撃コーチ内田順三さんが見る會澤とは。

カープ残留の會澤、谷繁さん・元コーチ内田さんの見解

谷繁元信さん

谷繁さん「いやぁ存在感はやっぱり、年々 存在感っていうのが強まってきたというかね。だからボクは解説でやらしてもらっててときどき言うんですけど、1試合の中でとか3連戦とか、物語的にできるキャッチャー、會澤だと思うんですよね。なかなかいないんですよ、今そういうタイプのキャッチャーが。だからそれができるだけのレベルにボクは達して来てると思うんですよね」

谷繁さん「ボクもそういう経験があったんですけども、ある程度できるようになったっていうところからもう1段階上がっていかなきゃいけないんですよ。だからボクはちょっと時間かかったんですけど、そこのもう1段階上がるのにね。だからそこが彼が残って、もう1段階上がった時には、また安定した力を出すと思います」

内田順三さん

内田さん「あんだけ思い切りがよくて積極性もあって、その中でやっぱりここ最近見てると、ケースバイケースで逆方向にも打球が飛ぶようになって、ちゃんと良いタイミングになってるし」

内田さん「ここら辺は自分のスタイルっていうのは、今までは強引にガムシャラに強く遠くへ、っていうようなイメージから少しずつ変化してるなっていうのは、これはだから新井の3割とホームラン王獲った時の感覚と似てますよね」

RCCテレビ [12日] Eタウン・SPORTS より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す