フェニックス・リーグ 先発・山口5失点、小園セカンド守備、林2安打1打点【元気丸】

[2019年10月 カープ教育リーグ]

広島テレビ “進め!スポーツ元気丸” でフェニックス・リーグのハイライトが放送。小園はセカンドの守備位置、先発の山口は3回を5失点。

フェニックス・リーグは先発の山口5失点、小園がセカンド守備

小園海斗

宮崎県天福球場で行われたフェニックス・リーグ第6戦、セカンドには小園が入りました。しかしこのリーグ戦2度目の慣れない守備位置に苦戦、平凡なゴロを捕り損ねてしまいます。

それでもバットでは課題に挙げている“甘く入った球を一発で仕留めることができた”とツーベースヒットを放ちました。

小園「ミスはしてしまったんですけど、自分でこれからどんどん経験して、直していったらいいと思うんで、練習から試合を想定してやっていきたいと思います。来年絶対レギュラーを獲るために自分はやってるので、まだまだ甘いところがあるんで、練習してうまくなりたいなと思います」

林晃汰

小園と同期の高卒ルーキー林も負けじとアピールです、先制タイムリーを含む2安打1打点と結果を残しました。

林「ああいうチャンスの場面で1本打てたのはホントに、これからのフェニックス・リーグでの大きな収穫になると思うんで、ああいう打席をもっともっと増やしていけたらいいかなと思います」

山口翔

投げては佐々岡監督が期待を寄せる山口、3イニングのみと決められた先発マウンドでは2回まで無失点に抑えます。しかし3回、得点圏にランナーを背負うとタイムリーを打たれます。さらにその後も味方のエラーなども絡み5失点。“ワンパターンの投球になり思い切りに欠けて簡単に打たれた、もっと野球を勉強しないといけない”と反省を口にしました。

広島テレビ [13日] 進め!スポーツ元気丸 より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す