打撃を改良しレギュラー奪取へ、小園「キツい練習とかもありますけど、耐え抜いて自分が成長できるように」【フロントドア】

[2019年10月 カープ選手インタビュー]

広島ホームテレビ “フロントドア” で昨年ドラフト1位・小園海斗選手のインタビューが放送。打撃を改良し「絶対にレギュラー獲れるように」と小園。

打撃を改良しレギュラー奪取へ、小園海斗

——今バッティングにおける1番の課題は

小園「やっぱりトップ、をしっかり作らないといけないですし、それがやっぱりできてないとボールも飛ばないですし、ホントにタイミングっていうのも全然合わないと思うんで。ボクはしっかり安定するように。あんまり、動きをちょっと減らして」

改良した打撃フォームを小園自ら解説

小園「最初はホントにもうこんな感じやったんすよ、ずっと。したらやっぱりこうヘッドが下がって、ホントにそのままの勢いでもうワンバンとか振ったりとか普通にしてたんですけど」

小園「今はホントに安定さしてこのまま、しっかりそっからパーンて振るっていう感じで今はやってます。やっぱりココ(股関節)がハマってたりとかしないと、ココがやっぱ抜けてるともうクルクルクルクル回っちゃうんで。まだまだこれでもクルクル回ってますけど」

——股関節を意識すると、自然と構えた段階で動かない?

小園「しっかり構えて、ボクけっこう動かしながらリズムとるタイプなんですけど、それもしっかり抑えて。で、そっからそのままポーンて出す。腕が動くとやっぱバラバラなんで、トップが決まらずにココでとかココでとかなるんで、あんまり動きすぎるともう無理だなって思ったんで」

小園「(3月)下半身もやっぱりグラグラしながら打ってたんで、やっぱりすべて安定してなかったんで、やっぱまだまだっすね。それはやっぱり2軍に落ちてからもあんまり打てなくてっていうので、コーチとしっかり話して、これやっぱり変えていかなアカンな、ってなって」

小園「映像とか見て、自分のどうなってるのかっていうのを試合後見て、そこでもしっかり反省して、次の日迎えて練習に入るっていう形だったんで」

【次ページへ】 理想的なバッティングができた打席

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す