北別府学の週刊 GO up!若手捕手、坂倉将吾&中村奨成【5up!】

[2019年10月 カープ関連 テレビ放送]

広島ホームテレビ “みみよりライブ 5up!” で毎週月曜日恒例、北別府学の週刊 GO up!が放送。坂倉将吾&中村奨成2捕手をぺいさんが解説。

北別府学の週刊 GO up!若手捕手、坂倉将吾&中村奨成

坂倉将吾

坂倉「打席に多く立てて、いろんな経験をできたっていうのはプラスになってるかなと思います」

Q. 課題は?

坂倉「狙った球とか、甘い球を一振りっていうか一発で、1球でなんとか良い結果を生めるような、その確実性というか、そこだけかなと思うし、あとは低めのボール球をなんとか打ちに行った中で止まれるか止まれないか、そういうところだと思います」

ぺいさん「今年のキャンプで見ましたけども、もう一気に体が大きくなった。体はホントに大きくなったんですけども、パンチ力も付きましたし。ただ打率がね、やっぱり結果が残せなかった。やっぱり代打の難しさだとは思うんですけども、そこで結果を残していかないと、なかなかチャンスをもらえないということで」

——一振りで仕留めるためにはどのようなことが必要

ぺいさん「やはりピッチャーというのは自分の自信を持ってる球ってのは必ずストライク3つ投げる中で、1球は放ってくるわけですよね。それを狙い打ちできるようになるぐらいの技術が上がれば、私は結果も付いてくると思いますけどね」

中村奨成

奨成「シーズン通して半分ぐらいしかやってないですけど、率も残せたしバッティングの方は良かったかなと思いますけど。守備の方でやっぱりミスがたくさん出てしまったので、っていうのはやっぱ反省としてあります」

奨成「守備の方でまずは勝ちに結びつけられるようなリードとか、そういうのをしっかりやっていけたらなって思いますし、その中でもバッティングがおろそかになっちゃいけないので。今は試してる段階なので、いろいろ結果は出ないにしろ、良いものがしっかり出せれたらな、と思います」

ぺいさん「これ坂倉と違ってね、体があんまり大きくならないんですよね。やっぱりこの秋からしっかり体を作って、やはり春、結果を残していくっていう形でしょうね」

——ピッチャーの信頼も今後は大切になってきますか

ぺいさん「やっぱり守備のミスが多かったっていうのはやっぱり、ピッチャーとすればワンバンも放れませんから、そういった意味の信頼度っていうのを高めるべきだと思いますね」

広島ホームテレビ [21日] みみよりライブ 5up!(ごーあっぷ) より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す