今季で現役引退の永川・梵さんが三次市スポーツ栄誉賞

[2019年11月 カープ関連 テレビ放送]

テレビ新広島 “FNN TSS Live News days” で三次市合併15周年を祝う記念式典の模様が放送。元カープの2人がスポーツ栄誉賞。

現役引退の永川・梵さんが三次市スポーツ栄誉賞

三次市民ホールきりりで行われた式典には、およそ400人の市民が出席し、三次市の福岡誠志市長が“15周年の節目を新たなスタートとして、こどもたちが三次を誇りに思える街にしたい”などと式辞を述べました。

地元の中学生による市民憲章の朗読を、1964年の東京オリンピック最終聖火ランナー、故・坂井義則さんの弟・孝之さんや、今季限りで野球の現役を引退した永川勝浩さんと梵英心さんに、ふるさと功労賞やスポーツ栄誉賞などが贈られました。

永川さん「17年間という現役生活を今年で終わりまして、このような大切な賞を頂きまして、ありがとうございます。今後とも三次市の発展のために、広島県の発展のために、頑張っていきたいと思います」

梵さん「今後も三次市からプロ野球選手、そういう選手がたくさん出るような環境になってもらいたいなと思っております。それに陰ながら、協力していきたいなと思っております」

テレビ新広島 [4日] FNN TSS Live News days より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す