初1軍キャンプ、守備・打撃で新たな発見を得る中村奨成「誰にも負けないぐらいの強い気持ち持ってやりたい」【5up!】

[2019年11月 カープ選手インタビュー]

広島ホームテレビ “みみよりライブ 5up!(ごーあっぷ)” でカープ中村奨成捕手のインタビューが放送。1軍として初めてのキャンプを過ごす中村奨成、守備・バッティングや来季への決意。

初1軍キャンプ、守備・打撃で新たな発見を得る中村奨成

奨成「(入団からこれまで)1軍の人と関わる機会っていうのが全然なかったんで、やっぱりアピールしたいっていう気持ちのほうが強いんで。約3週間ですかね、一緒に練習できるわけなんで、いろいろ九州できるものはしていきたいし、聞けることもたぶんたくさんあると思うんで、バッティングにしろ守備にしろ。せっかくの機会なので、良いものにしたいなっていうふうには思ってます」

守備

奨成「今日もずっとスローやってましたけど、今日新たな発見っていうのもあったし、まだまだ技術不足っていうのはスゴく感じてるので。スローに関してはもっともっと精度っていうのも上げていかないといけないし、この世界に入ったのも肩で入ってきたんで、そこの部分っていうのをやっぱ誰よりも負けないっていう気持ちで、やりたいなっていうふうには思ってます」

——新たな発見とは具体的に

奨成「投げ終わりの後のその股関節に体重を乗せる。どうしてもボクすぐ突っ立ってパーンって上だけで投げる癖があって、それじゃやっぱシーズン中 通して安定したスローもできなかったですし、良いときは良い悪いときは悪いだったので、やっぱそこをしっかり安定させないと、盗塁阻止率ってのも残せないと思いますし、倉さんとも試行錯誤しながら、前の投げ方からもう全てリセットっていうか、今はそんな感じでやってます」

【次ページへ】 バッティング

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す