カープ松田オーナー代行が経営戦略の秘訣を講演「1番大切にしているのが、ファンの方とのキャッチボール」【プライムニュース】

[2019年11月 カープ関連 テレビ放送]

テレビ新広島 “TSSプライムニュース②” でカープ松田一宏オーナー代行による講演の模様が放送。折込広告全国大会 中国・四国ブロック大会にて、カープ経営戦略の秘訣を講演するオーナー代行。

カープ松田オーナー代行が経営戦略の秘訣を講演

松田オーナー代行「1番大切にしているのが、ファンの方とのキャッチボールかなと思っております」

経営戦略のポイントをこのように語った松田オーナー代行、その姿勢が現れているのがグッズ戦略です。きっかけの1つとなったのが、ブラウン元監督のベース投げ事件の際、遊び心で作ったTシャツでした。

松田オーナー代行「こういうのが意外とお客さんにウケてしまって、コレを買いたいとか、そういう問い合わせが球団に殺到しました。少しでも楽しみたいなっていうことと、少しでもキャッチーなものを出していきたいなという」

カープファンの心理を絶妙に突いたグッズ開発がここから加速していき、今では年間50億円以上を売り上げるまでに成長しています。こうした挑戦する姿勢こそ、球団経営が成功している秘訣だといいます。

松田オーナー代行「いいなと思ったらとりあえずやってみて、ダメだったらまた次のことをやればいいっていう、究極を言えばそのぐらいのスタンスでやってます」

テレビ新広島 [14日] TSSプライムニュース② より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す