【プレミア12】初優勝・世界一、侍ジャパン4番の鈴木誠也「自分の結果ではなく、チームの優勝だけを心に刻んでやってた」

[2019年11月 侍ジャパン速報]

17日、第2回 WBSC プレミア12 決勝戦 日本×韓国(東京ドーム)。優勝し世界一を決めた侍ジャパン、試合後のカープ鈴木誠也選手インタビュー。

プレミア12優勝、侍ジャパン4番カープ鈴木誠也の試合後インタビュー

——世界一おめでとうございます

誠也「ありがとうございます」

——ぴりつきましたね

誠也「いやもうホントに、疲れたんですけど。最後こうやって勝てたんでよかったです」

——ホームランだけではなく、途中でのつなぐ打席もありましたし、守備での貢献もありました。このシリーズ、いかがでしたか?

誠也「今回は自分の結果ではなく、チームの優勝っていうことだけをもう心に刻んでやってたので。ホントにもう自分の結果はもうホントにどうでもよくて、こうやって最後 優勝できんでホントよかったです」

——侍ジャパンの4番いかがだったでしょうか?

誠也「いやもう、まだまだ信じられないですけど😊 でも、皆さんのおかげでいい仕事ができたので、よかったです」

——本当に世界に日本野球を、そして日本の4番を見せつけたかと思うんですが

誠也「ここ最近ずっと優勝できてなかったんで、こういう大会で優勝できたのは本当によかったと思います」

——先ほど監督もおっしゃっていました、来年のオリンピックもあります

誠也「まだたくさんいい選手いて、4番を打つのかはわからないですけど。でもどこのポジションでも自分のやることは変わらないんで、とにかく優勝できるように、また次の大会も頑張りたいと思います」

テレビ朝日系 [17日] 世界野球プレミア12 決勝 日本×韓国 より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す