高橋建OBが阪神入りの経緯・解説の5年間・マエケンのメジャー挑戦・球団の愛などを語る【ココスポに急遽出演】

[2015年11月 ココスポ(26日)]

RCCラジオ “ココスポ” に5年間RCCの解説者を務め、今オフから阪神の2軍投手コーチとなった高橋建OBが急遽出演。

高橋建OBインタビュー

インタビュアーは石田充アナウンサー。

RCCの解説~阪神の2軍投手コーチへ

――今シーズンまでRCCのプロ野球解説として5年間

高橋建「お世話になりました、ありがとうございます」

――今後はユニフォーム、服装が変わる

高橋建「あの~、コーチになるのでね、阪神の2軍コーチに。縦縞になっちゃいますけどね。プロ野球選手のコーチになることが夢だったのでね。それが叶うのが来年になりました」

――すでに2軍のキャンプには行かれたと

高橋建「鳴尾浜のほうですね。これから2軍、カープとも戦いますけどね、鳴尾浜でちょっとキャンプ行ってきましたけどね。掛布2軍監督の下でやってきました」

――…いかがでしたか?

高橋建「また違う緊張感があって、そしてやはりカープ同様人気球団なのでね。お客さんも多かったですね。ということでかなり周りから見られてる目っていうのをね、感じながらのキャンプになりましたね」

高橋建OBが阪神入りした経緯

――リスナーも気になる “阪神に行った経緯” とは

高橋建「やはり金本監督からお電話頂きました。そして『まぁカープじゃないけれども、阪神だけれども、2軍コーチだけれども、コーチとしてやってみないか?』ということを言われたんですよね」

――金本さんの携帯電話から掛かってきたと

高橋建「そのとき夜、知り合いと打ち合わせをしていて携帯を目の前に置いていたんですけどね。そうすると “金本” っていう字が出てきたので『何かな?』と思ったら、そういうことだったのでね」

高橋建「まぁ私が投げていて一番、なんか守っていて頂いて、凄い大好きな人というかね。そういう人からのオファーだったということで『カープじゃないですけれども』というところなんですけれども、金本監督の下でっていうのはね、凄い嬉しいことになりましたね」

――カープから阪神へ

高橋建「石田が一番怒ってそうだけども…」

――怒ってないですよ

コーチという職業について

――先ほど言われました夢の一つということ

高橋建「RCCでね、悪い言い方をするとちょっと楽をさせて頂いたと、解説時代にね。やっぱりユニフォームを着て苦労している時が一番嬉しかったのでね。外から見させて頂いた5年間ていうのは貴重だったんですけどね」

高橋建「でもどこかでやっぱり『選手を育てたい』っていう気持ちが強かったので、今回そういうオファーが来たっていうことはボクにとってはね、一つのチャンスでありそして転機でもあったのでね。凄い決断なんですけどね。いいオファーだったと思ってそういうことになりましたけども」

――オファーからの返事は迷いがなかった?

高橋建「次の日にはもう、答え出してましたね。RCCの上司の方にもすぐ電話して。ちょっと気持ちがもう、一日でも行きましたという感じでしたけども」

【次ページへ】 引退~RCC時代振り返り、マエケン・黒田の去就について

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ