北別府学の週刊 GO up!新打撃フォームの野間&バットの出し方を修正中の三好【5up!】

[2019年11月 カープ関連 テレビ放送]

広島ホームテレビ “みみよりライブ 5up!” で毎週月曜日恒例、北別府学の週刊 GO up!が放送。野間峻祥&三好匠2選手をぺいさんが解説。

北別府学の週刊 GO up!野間峻祥&三好匠

野間峻祥

野間「どうしても打ちにいこうとすると、頭が突っ込んじゃってっていうのが悪い時は多かったので。やっぱりしっかり軸足に溜まった中で良いバランスで振れるところというか」

野間「が、(バット)寝かしてすっと自然に構えた方が良かったので。(来季)やっぱり1番でセンターでやりたいな、っていう気持ちは強いです」

——北別府さん野間選手、新フォームの取り組みはいかがですか

ぺいさん「今まではバットをちょっと縦気味だったんでしょうけども、今 完全に寝かしてますよね。西川とかがやっぱりこういう打ち方してますけど、やっぱり頭が残ってヘッドが前に出てくるんですけども、その頭がしっかり残ってれば、前を大きくとれるんで打球も伸びるわけですよね」

ぺいさん「ライナー性で飛んでいってもね、けっこうパワーはありますんで。今まではだから打ち損じのファウルが多かったっていうことですよね。で、自分が迎えにいきますんで、前が小さくなる・後手後手になるという。ですから、そのフォームでいけば打球も強くなりますし、ゴロでも抜けていく可能性は高いですよね」

——北別府さんの中では西川選手が6番に入る、これが嫌な打順

ぺいさん「ボクが投げてても嫌な打順なんですが、ただこれはポジションがね。外野のポジションをいかに奪い取るかってことだと思いますんでね」

【次ページへ】 三好匠

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す