丸「今シーズンを象徴しているというかホントに一番悔しかったゲーム」ベストゲーム【1勝の重み マエケン気迫の投球もCS進出ならず】追加インタビュー

[2015年11月 テレビ番組(27日)]

“J SPORTS STADIUM シーズンレビュー 2015 広島東洋カープ” で丸佳浩投手の追加インタビューが放送されました。

丸佳浩選手 追加インタビュー

20151127_プロ野球 広島ベストゲーム 【1勝の重み 丸気迫の投球もCS進出ならず】_1

――今シーズンを振り返って

丸「ま、そうですね、今シーズンは始めから最後までピッチャーの方にすごい負担をかけてしまったシーズンでしたね」

20151127_プロ野球 広島ベストゲーム 【1勝の重み 丸気迫の投球もCS進出ならず】_2

――今季の個人成績について

丸「当然やっぱり納得は全くできてないですし。なんていうんですかね…チーム全体というかチームのバッティングの目標としても、勝負強いバッティングっていうのはボクも含めて全員が目標に考えてた部分でもあったんですけど」

丸「シーズン通してそういう部分では勝負弱いというか、そういう試合が多かったですね」

20151127_プロ野球 広島ベストゲーム 【1勝の重み 丸気迫の投球もCS進出ならず】_3

――今シーズン印象に残った試合は

丸「ボクが印象に残っているのはやっぱり、今シーズンを象徴しているというかホントに一番悔しかったゲームでもある最終戦。マツダスタジアムで行った最終戦ですかね、やっぱり」

20151127_プロ野球 広島ベストゲーム 【1勝の重み 丸気迫の投球もCS進出ならず】_4

――その試合を選んだ理由は

丸「シーズン終盤になってきてマエケンさんだったり黒田さんだったりとか、中4日でフル回転で回ってくれてたんですけど。マエケンさんが最後やっぱりしんどい中でも、気迫を出したピッチングがね」

丸「結果的にも抑えてくれてたわけで。その中でもボクらが不甲斐ないというかね、情けないバッティングになってしまったんで。それがやっぱりああいう試合はやっぱりしたくないなという思いが強いですね」

20151127_プロ野球 広島ベストゲーム 【1勝の重み 丸気迫の投球もCS進出ならず】_9

――ファンへのメッセージ

丸「今シーズン1年間、本当にたくさんの応援をありがとうございました。チームとしては非常に悔しい結果になってしまったし、ファンの皆さんの熱い期待に応えれなかったので。なんとかこの秋、そして来年の春、一生懸命練習をして皆さんの期待に応えれるような結果を残していきたいと思います。来年も応援のほうよろしくお願いします」

J SPORTS 1 [27日] プロ野球 広島ベストゲーム 【1勝の重み 丸気迫の投球もCS進出ならず】より

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ