カープ秋季キャンプ打ち上げ、締めのあいさつは堂林「ONE TEAM で1年間戦っていきましょう」【テレビ派】

[2019年11月 カープ秋季キャンプ]

広島テレビ “テレビ派” で秋季キャンプ最終日のハイライトが放送。締めのあいさつは堂林、佐々岡監督の総括も。

カープ秋季キャンプ打ち上げ、締めのあいさつは堂林

快晴の宮崎県日南市で行われたカープの秋季キャンプ最終日。披露がピークに達している選手たちですが、佐々岡監督が初日に掲げた明るく元気な練習を最後まで行いました。

投手陣は6選手が最後のブルペン入り、その中で遠藤は94球を投げました。秋季キャンプを通じて遠藤が投げた球数はチームトップの1,068球、来シーズンの先発入りへ最後までアピールを続けました。

遠藤「やっぱりこのキャンプは球数を多く投げるっていうのも1つの目標にしていたので、最後もしっかり100球近く投げれたんで、自分の持ってるものをしっかりアピールできたので、良かったかなって思います」

12時前に練習を切り上げた選手たち、最後は堂林のあいさつでキャンプを締めくくりました。

堂林「佐々岡新監督のもと、V奪回そして日本一を掴み取れるように、全員が同じ方向を向いて、ONE TEAM で1年間戦っていきましょう」

小園「1軍の試合出さしてもらってわかったことがいっぱいあったので、ホントにそれは課題をつぶすってことでずっとやってきたので、ホントに良い感じで臨めたので良かったなっていうふうに思いました」

佐々岡監督「全体を見ながら、コミュニケーションをとりながら、まず春への準備というかね、また春からしっかりと全体を見て、いい流れで3月に入りたいなと思います」

広島テレビ [20日] テレビ派 より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメントを残す