カープ球団がマエケンのポスティングを容認。鈴木本部長「ファンの方にとって、とても寂しい方向性になりました」

[2015年12月 ストーブリーグ(4日)]

メジャーリーグへの挑戦を表明していた前田健太投手、球団がポスティングによる移籍を容認したと発表されました。

鈴木球団本部長 会見でのコメント

「来年に向けて編成を進めていく中で、今年の活躍、貢献、選手の状況。来年以降の選手の権利や、ポスティングシステムの環境など、総合的に検討いたしました。その結果、前田選手にとっても、球団にとっても一番いいタイミングだと判断しました。これによってポスティングシステムの準備を進めていくことを決めました」

「ファンの方にとって、とても寂しい方向性になりましたが、メジャー挑戦が実現した際には、一緒に応援していただきたい」

前田健太投手は2006年ドラフト1位で2007年から広島に入団。

NPBでは通算218登板 97勝67敗 防御率2.39、今年は1,500投球回達成、最多勝・沢村賞・ベストナイン・ゴールデングラブ賞など充実の1年でした。

デイリースポーツより

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ