【日刊】2014.05.01 もやもやを吹き飛ばす快勝は大瀬良の初完投とともに。 広島vs阪神 6回戦 [28試合目]

広島先発: 大瀬良 阪神先発: 岩崎の新人投手対決となったこのゲーム。

立ち上がりの不安があった大瀬良だが、スイスイと抑え静かな立ち上がり。

3回表ロサリオのホームランで先制すると、打線が爆発。

ロサリオの4安打を含む2桁安打で6点を奪取。

大瀬良はもはやエースといっても過言ではない投球で完封を目指すも、9回に力んだか、1点を献上するも148球でプロ初完投。

〜ここまで試合概要〜

 

いやー3タテが危ぶまれましたが見事に快勝ですね!

3タテを喰らわないあたり、カープの強さは本物。

キラの代わりに上がってきたロサリオ、落とすのがもったいないほどの爆発。

離脱者が出てもそれを補って余りある控え陣、首位をひた走る原動力じゃないでしょうか。

 

明日5/2はセリーグの試合、ありません。

勝利の美酒に酔いましょう(^^ゞ

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ