ヒース&バリントン登録抹消の理由はVローテという秘策。【追記・修正しました】

残り30試合、全日程の80%を消化したカープ。

2014.08.31 10:00追記 エルドレッド不調のためエルドレッド抹消の模様。結果的に誤報になってしまい申し訳ございません。

本日現在1軍の助っ人外国人は

野手…エルドレッド・ロサリオ
投手…ミコライオ・ヒース

ということで枠をめいっぱい2人ずつ使っています。

がしかし、ローテーションの柱としてバリントン投手も期待されており、一部ファンの間では

「ローテどうするんじゃ」「なんでヒース落とすんじゃ」

という疑問もあったり。

ということで、説明したいと思います。

登録・抹消を繰り返して便宜的に助っ人5人体制を作る

こういうことです。

先発投手はそもそも、中5or中6日登板間隔が開きますので、それをうまく使ってやりくりするわけです。

一例を表にしてみるとこんな感じ。

※登録を抹消されるとその日から一軍の公式戦には出場できなくなり、10日間は再登録ができない(野球規約84条)。

 野村  
 バリントン  
 福井バリントン抹消 
 前田健太 
 大瀬良 
 ヒース 
移動日  
 野村 
 福井 
 前田健太 
 大瀬良 
 ヒース 
 バリントンバリントン登録可能ヒース抹消
移動日  
 野村 
 前田健太 
 福井 
 大瀬良 
 バリントン 
 誰かバリントン抹消
移動日 
 前田健太
 ヒースヒース登録可能
 野村 
 福井 
 大瀬良 
 誰か 
移動日  
 前田健太 
 ヒースバリントン登録可能ヒース抹消

先発助っ人の登板間隔は1回飛ばすという形になりますが、枠と助っ人を目一杯使える、ということです。

2回先発したら抹消→登録して2回先発 となるはず。

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ