【日刊】2014.05.05 先制されても勝てるカープ、堂々の2連勝でまたカード勝ち越しじゃ! 横浜vs広島 9回戦 [31試合目]

横浜先発: 加賀美、広島先発: バリントン。

両先発が無難な立ち上がりを見せ、引き締まった試合展開が予想された4回、横浜石川に2試合連続となるホームランを被弾するバリントン。

がしかし首位の広島カープの勢いは止まらず、5回裏2アウトランナー無しから4連打で3点を奪う。

6回にも押し出しなどで2点を加点。

バリントンは要所を締めるピッチングで7回2失点と素晴らしいピッチングで勝ちパターンを投入。

一岡・ミコライオがきっちり抑え、カード勝ち越しの2連勝。

~ここまで試合概要~

 

連勝じゃー!単独首位キープじゃー!!!

2アウトから点を取れるってのがほんとすごい。

前日に引き続きマルチヒットの堂林、犠牲フライ・犠打・マルチヒットの菊池、1安打2四球の丸というとんでもなく仕事をする上位打線は他チームにとって脅威でしょう。

キラの調子はなかなか上がってこないものの、他の選手が仕事をしているので今のうちに凡退してもらって、来たるべきチャンスで打ってもらいましょう。

 

今日は相手の走塁ミスにも助けられはしましたが、バリントン投手の安定感たるや。

この調子で2桁勝利を。

勝ちパターンの一岡・ミコライオはともに安打を許さない完璧なピッチング。

投打ともに無駄がない試合で、さすが首位という感じでした。

願わくば、下位打線の奮起をこの9連戦の最中で見たいな、というぐらいの文句しか出てこない。

今年のカープはほんとうに強いです。

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ