福井4回裏突如崩れ打線も元気なく痛い連敗。 カープvs阪神【日刊】2014.09.12 [126試合目]

阪神先発 藤浪、広島先発 福井優也。

カープは初回立ち上がり不安定な藤浪を攻め立てノーアウト満塁のチャンスをさっそく作るも、4・5・6番が凡退し前日の悪い流れを引きずるかのように無得点。

しかし3回表、先頭天谷ヒット→菊池犠打→丸、レフトオーバーのタイムリー2塁打であっさりカープが先制。

そんなカープのリードは束の間、抜群の投球をしていた福井が突如崩れる、四死球とヒットで押し出しもありつつの6点を献上。

5回表には藤浪が菊池へのデッドボールで報復試合となる。

6回裏には福井がさらに2点を失い 1-8、7点リードされ厳しい展開に。

8回表、丸・松山の連打から田中広輔の犠牲フライで1点を返すのがやっと。痛い連敗。

ハイライト

20140912_Score

~ここまで試合概要~

 

先発 福井優也

6回 110球、被安打7 (被本塁打0)、与四死球6、失点8 (自責8)

3回までは抜群の制球で期待したんですが、4回以降制球が定まらずでしたね。

課題のメンタルが崩れたのでしょうか。

継投のタイミングは球数が少なかったのと、立ち直るかもしれないというのがあったのでしょう、特に文句はありません。

昨日のヒースの交代とは球数・内容共に違うので比べるのは愚問。

 

リリーフ陣

今井…2回 30球、被安打1 (被本塁打0)、与四死球0、失点0

中継ぎの休息日となりました。

 

打撃・守備陣

丸が元気、4安打固め打ち。

大勢の決した8回裏からは中東がキャッチャーの練習?で久しぶり、2013年4月14日のナゴヤドーム以来、プロ通算6試合目となるマスクを被りました。

 

総評

明日2014年9月13日の先発は大瀬良大地、もう負けてられません。

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ