大瀬良9勝目・堂林HR連発・ロサリオ猛打賞4打点など17得点大快勝。 カープvs阪神【日刊】2014.09.13 [127試合目]

阪神先発 岩貞、広島先発 大瀬良大地。

前日胸にデッドボールを受け心配された菊池は元気に2番でスタメン。

負けられないカープは初回から攻め立てる、四球とヒットでノーアウト満塁からロサリオ、2点タイムリー→梵犠打→小窪も2点タイムリー。幸先良く4点を先制。

援護をもらった大瀬良ですが、初回制球が定まらず2つの四球からマートンにタイムリーを打たれあっさり2点を返される。

2回裏には連打から犠牲フライでもう1点、僅か1点リードとしんどい試合展開に。

5回表、ようやく追加点。堂林が右中間へ放り込む7号ソロホームラン。さらに菊池四球→丸2塁打→ロサリオ、本日2本目の2点タイムリーヒット。リードを4点に広げると続く6回には2打席連続となる堂林、バックスクリーンへ飛び込む2ランホームラン

7回、石原タイムリーで2点。
8回、途中交代赤松の不思議なグリップエンドタイムリー内野安打で1点→梵2点タイムリー→小窪タイムリー→田中広輔8号2ランホームラン

合計17点の大量得点。

先発大瀬良は尻上がりに調子を上げ8回に一発を喰らったものの3~7回を無失点投球で9勝目。

ハイライト

ヒーローインタビュー

20140913_Score

~ここまで試合概要~

 

先発 大瀬良大地

8回 112球、被安打6 (被本塁打1)、与四死球2、失点5 (自責5)

立ち上がりこそ不安定でしたが尻上がりに良くなりましたね。

ゴメスのホームランがもったいなかった。

あと1勝で二桁勝利となれば新人王がほぼ手中だと思います、順調にローテが回って登板は残り2回。いける。

 

リリーフ陣

永川…1回 19球、被安打0、与四死球0、失点0

 

打撃・守備陣

先発全員安打で二桁得点。

1番堂林が結果を出す2HR含む猛打賞、2四球と素晴らしかった。

湿りがちだった打線、一気に火が付きましたね。

点差に余裕ができたため丸・菊池を途中交代させ休ませることができたのもナイス。

菊池田中広輔は今日も守備で活躍。

 

総評

明日2014年9月14日の先発は九里亜蓮、大量得点の次の日は少し怖いですけれどがんばってもらいましょう。

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ