【日刊】2014.05.08 完勝ペースじゃ!!と思いきや大瀬良が若干乱れる。も、打線爆発で無事に連敗脱出。 広島vsヤクルト 8回戦 [34試合目]

広島先発: 大瀬良、ヤクルト先発: 徳山で試合開始。

カード2連敗、今シーズン3連敗がまだない広島カープ。

初回、菊池のラッキーな当たりで2塁打、続く丸の四球で走者2人を置いて4番エルドレッドが2塁打を放ち幸先よく2点を先制。

5回には丸の2ラン、エルドレッドのソロ、堂林の2点タイムリーなど打者一巡で5点を奪取。

大瀬良は5回まで散発4安打に抑え、楽勝ムードが漂うも6回に崩れ5失点。

しかしカープ盤石の勝ち継投が0に抑え、9回にはエルドレッドの死球交代で途中出場の中東の3塁打・小窪のタイムリー・松山の2ランで6点加点。

終わってみれば4時間超の試合、二桁13点で連敗脱出。

~ここまで試合概要~

 

大瀬良

5回までは完璧でしたね!

6回には修正しきれず悔しそうにマウンドを降りました。

安定感はマエケン・バリントンに次ぐので、全く問題ないでしょう。

4勝目を飾り。オールスター・新人王、あるで…!

 

リリーフ陣

永川は大瀬良の出した走者を1人返し、若干焦げかけ感じましたが無事沈下、自責0。

中田廉・一岡はそれぞれ1回、走者を許さない完璧なピッチング。

最終回8点差で登板の河内は2ランを浴びました。

 

打線

堂林がまたマルチヒットを放ち、ついに覚醒の気配。

球の見極めができてきて、当たりがすごくいい。

丸は4安打2四球で出塁率100%、なんという3番…!

出る選手出る選手ヒットを打った印象でまさに打線爆発、今シーズン最多得点。

心配なのは石原、1安打は出たものの…ううむ。

 

まとめ

2点差に追いつかれた時はやべええええ感漂いましたね。

9回の攻撃は見事でした。

 

明日 5/9 はズムスタに戻り、中日3連戦へ。

中日先発は3連敗中の岡田、広島先発は2勝の後、前回登板で炎上した篠田。

打ち合いの香りがしますねぇ…。

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ