菊池ヒーローインタビュー「任してくださーい!!」2014.09.30

補殺の新記録を達成し、決勝打を放った菊池がお立ち台。

インタビュアー「今日のヒーローは決勝のタイムリーヒット菊池選手です。シビれるゲームが続いてますね。」

菊池選手『まだちょっとシビれてます。』

インタビュアー「そのシビれというのは手の感触でしょうか?」

菊池選手『感触です。』

インタビュアー「同点に追いつかれている中、あの8回1,2塁の場面、あのタイムリーの前にバットが折れましたよね?」

菊池選手『悔しいっすね。貴重な一本なんで。』

インタビュアー「その悔しさをしっかりとあのヒットで晴らしましたね。」

菊池選手『恨みは晴らしました。』

インタビュアー「ここのところ、この3連戦でもヒットがたくさん出ています。状態は非常に良いですね。」

菊池選手『はい。大丈夫だと思います。』

インタビュアー「記録のことを言うとまた別の話になって来ますけど、最多安打の争いも本当に熾烈です。」

菊池選手『そっちの方もちょっとシビれてますね。』

インタビュアー「この3連戦非常にシビアな中ご自身の持ちます補殺の記録も更新しました。」

菊池選手『ありがとうございます。』

インタビュアー「で、あの打席に戻りますけど、レフトの頭上を越えたときはどんな気分でした?」

菊池選手『ちょっと必死に走ってたんで、堂林セーフになってくれって思いながら走ってました。』

インタビュアー「それでも貴重な勝ち越し点がありました。そして今日は甲子園でタイガースは1-0で負けています。従いまして明日の試合は本当に大きな一番になります。決意を教えてください。」

菊池選手『まかしてくださーーーい!』

インタビュアー「では明日もお任せします。」

菊池選手『頑張ります!』

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ