武内久士「来季やれる手応えはある。秋はしっかりアピールしたい」2014.10.27

2014年はケガなどで1軍登板のなかったカープ武内久士投手がコメント。

「左足が開かないよう、タメをつくることを意識しています。来季やれる手応えはある。秋はしっかりアピールしたい」と誓った。

5年目の今季は2軍で春先好調だったが、5月末から右肩痛などで戦線離脱。2年ぶりに1軍登板なしに終わった。それでもファームの強化指定選手として、約100キロだった体重を92キロに絞り、終盤の復帰登板では球威に手応えを得た。

とデイリースポーツが報じています。

手薄な投手陣、一人でも増えてくれることを願うばかり。

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ