緒方孝市監督、新守備練習で守るチームを目指す

石井琢朗コーチの提案で投手と野手が入れ替わるという試みをしているとデイリースポーツが報じています。

前田、大瀬良ら投手陣が一塁の守備位置に就き、菊池、小窪ら野手陣がマウンドに立った。明らかに不自然な光景。しかし石井守備走塁コーチは何事もなくノックを始めた。一塁・前田がゴロを捕球し、投手・菊池がベースカバーに走る。いつもと違う投内連係の練習が黙々と行われた。

この“珍練習メニュー”の目的を、緒方監督は説明した。「投手が野手目線で、野手が投手目線で動くと、相手の気持ちが分かる」。監督就任のあいさつで「投手を含めた守りの野球」を掲げた新指揮官。守備力強化のためならばと、新しい練習法に挑戦した。

この練習を提案したのは石井コーチだった。最大の目的は投手の守備力強化だという。「投手も自分の守備に不安がなければ投球に集中できるはず」と力説した。

とのこと。

大瀬良投手も手応えを感じているようですし、どんどん色んな事にチャレンジして強いカープにして欲しいですね。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ