安部友裕が梵英心と一緒に自主トレをした理由「期するモノは絶対あると思う」チームの底上げが狙い【ココスポ】

[2016年5月 カープ選手 ラジオ出演]

RCCラジオ “ココスポ” でカープ安部友裕選手のインタビューが放送。先輩である梵英心とグァムへ自主トレに行った狙いについて語る安部。

安部友裕、梵英心と一緒に自主トレをした狙い

——2013年、75試合出て、そのあと一気にはいかなかったと。そのときに梵選手と自主トレ行ったりとか、ああいったところパーンと、しかもポジションかぶるじゃないですか。あれって勇気いったんじゃないですか?

安部「そうですね、ま、でも梵さんもやっぱりこう、そういう年齢にさしかかるじゃないですか。で、ボクはまだその年齢いってないからわからないんですけど、期するモノは絶対あると思うんです。で、ボクもこうこれからやらないといけないとこで。やっぱり梵さんもこう……ボクがこういうホント明るいキャラなんで。で、梵さんそういうキャラじゃないじゃないですか。なんか梵さんもボクの姿見てこう、感化されるじゃないですけど、お互いそうやってこう『まだまだオレはやれる』って梵さんも思うし、ボクは梵さんに負けたくない、勝ちたくない気持ちでやれますし。そこはお互いにとってプラスになると思いますし。ま、同じチームなんで、底上げになればと思ってますね」

——梵選手に話聞きますと、そんなに多く語らないんですけど、私生活から立つときの姿勢、気にしたりとか、睡眠も意識したりとか。なんかもう普段から全部野球じゃないですか。プレーのみならず影響とかって受けたんじゃないですか?

安部「もちろんそうですね、今回グァムの自主トレも一緒に行ったんですけど、行かしてもらったんですけど。そこでもとにかく、ホント何にでも繋げてるんですよ、やっぱり、野球に。それ見るとやっぱり『あぁ、こういうのか』と。ボクも私生活からそういう野球に繋げられるような行動を取るようにはしてます」

RCCラジオ [23日] ココだけスポーツ&ニュースより

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ