FAに揺れる梵英心「未来を信じて」と書き込んだ横断幕を広島大学病院に届ける

FA宣言か残留か、去就が注目されている選手会長が28日に。

広島東洋カープの選手会長・梵(そよぎ)英心選手(34)が28日、広島大学病院(南区霞1)の小児病棟を訪れ、病と闘う子どもたちにカープ選手らの応援メッセージが書き込まれた横断幕を届けた。

と毎日新聞が報じました。

「未来を信じて」、どういう意味が込められているのでしょうね。。

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ