緒方監督が上本崇司にスイッチ転向を示唆、まんざらでもない模様

先日結婚を発表したカープ上本選手が左打ちに挑戦。

持ち前の守備力に比べ劣る打撃力に磨きをかける意図のようです。

フリー打撃で右打ちの上本崇司内野手(24)に左打ちを挑戦させた。チーム随一の守備力を生かすために左右両打ちを促し、本人もスイッチ転向に意欲を示した。伸び悩む若手を成長に導き、チームをさらに活性化させるつもりだ。

「左でやってみたらどうだ。嫌ならしなくてもいい。やろうと思うならやってみろ」。秋季キャンプ初日はコーチ陣に指導を任せ、選手の観察に徹していた指揮官が初めて、直接指示を出した。

左打ちは広陵高2年時に半年間挑戦した経験がある。指揮官の言葉を前向きに受け止め、「やるしかない。感触は悪くなかった」と、今後も継続して取り組む覚悟を決めた。

とデイリースポーツが報じました。

そういえば昨年は菊池がスイッチに挑戦していましたね。

打撃はちょっとしたことがきっかけになることが多いので、なんでもやってみるのはいいことだと思います。

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ