松山、緒方孝市新監督に早速怒られる「そんなのでいいのか」

緒方孝市新監督はなかなかに厳しいようです。

来年30歳を迎える松山選手が怒られたとデイリースポーツが報じました。

指揮官は午前中の守備練習については松山を「一生懸命やっていた」と認めたが、打撃練習で集中を欠いていた点を問題視。「打つのは一番目立ってもらわないと。それが彼の生きる道。俺は野村監督みたいに優しくはない。今のままでは4打席立たせるつもりはない」と続けた。

とのこと。

選手によって褒める・怒るなどうまく使い分けているのを感じます。

就任1年目から気合いが入っていますね。

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ