堂林、フォーム改造に取り組む「下半身が使えていなかった」

新井選手が復帰し、熾烈な3塁争いが予想される中。

堂林選手は定位置確保に向け持ち前の打撃力向上を図っているようです。

 堂林は今キャンプで、バットを捕手側に傾けた新フォームへの改造に取り組んでいる。スイング時、ヘッドが遠回りしないことが目的だ。だが緒方監督は「消化不良な感じがした」という。迷いが見える堂林に手をさしのべた。

「体の使い方を教えてもらった。下半身が使えていなかった」。ボールはほとんど打たず、ゆっくりとバットを振ってフォームを体に覚え込ませた。その後は素振りで下半身主導のフォームを徹底した。

とデイリースポーツが報道。

ケガに泣いたりもしましたが、潜在能力は誰もが認めるところではないでしょうか。

サード堂林、期待しています。

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ