松田元オーナー「緒方監督は5年ぐらいと考えている」長期政権の構え

広島カープのオーナー、松田元氏が緒方政権についてコメント。

長い目で見守る構えを示しています。

 野村前監督が13年にチームを16年ぶりにAクラスに導いた。今季も2年連続Aクラス入り。それを受けて23日のファン感謝デーでは、来季のキャッチフレーズに「常昇魂」を掲げた。松田オーナーは2年間の勢いを失わず、勝ち続けるチームをつくり上げてほしいとの思いがある。

緒方監督も強い決意で臨む構えだ。若手の成長に戦力の厚みを感じている。さらに今季終了後、球団が来季の新外国人選手を続々と獲得。全面バックアップに感謝の思いが募る。だからこそ「いい成績を常に残したい。成績次第で責任を取る」。長期的な視野を持ちながらも、1年、1年を勝負と捉える覚悟をにじませた。

とデイリースポーツが報道。

1, 2年そこらで首をすげ替えられる監督もいる中、こういうコメントがオーナーから出るのは心強いですね。

まずは緒方監督の1年目、刮目。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ