一岡竜司、肉体改造→オフは杉内と自主トレしチェンジアップを学ぶ予定

30日のイベントで来季への意気込みを語ったカープの一岡投手。

“カワイイ” と言われることには若干の抵抗がある模様…?

 今季の内容に悔いが残る。右肩痛で2度の離脱を経験。「悔しい気持ちがある。来年1年間ずっと1軍で投げられたら、今年の経験が生きたことになる。まずは開幕1軍。1試合でも多く投げたい」と意欲を燃やした。

“かわいい系”から卒業しようと、肉体を改造中だ。8月に2度目の右肩痛で離脱後、肩周辺の筋力強化に取り組み、一回りたくましくなった。今オフは昨年に続いて、巨人・杉内が率いる鹿児島県内での自主トレに参加する予定。「トレーナーさんもいるので、継続して肩まわりを強化したい」と話した。

投球スタイルも進化を目指す。シーズン後から杉内と同じ握りのチェンジアップに挑戦中。自主トレでは杉内本人に教えを請う意向だ。直球と高速フォーク、カットボールを駆使するが、来季は緩急も駆使して勝負する。

とデイリースポーツ。

チェンジアップは秋季キャンプ中から練習していましたね。

カワイイ系から脱し、打者を威圧する一岡投手…見てみたい。

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ