マエケン「(中田廉・大瀬良・中﨑は)は来年(戦力として)大事になるメンバー。みんなでいいものを出し合っていきたい」GG授賞式で自主トレへの抱負を語る

3日に開催された第43回三井ゴールデングラブ賞の表彰式でマエケンが自主トレへの抱負をコメント。

 以前からメジャー志望を公言しているものの、球団は今オフのポスティングシステムによる移籍を認めない方針。残留濃厚なだけに、開幕の座を競い合うことになるが、チーム力アップを最優先に考える。年明けからは都内のトレーニング施設で中田廉、大瀬良、中﨑の4人と、合同自主トレを行う予定だ。

昨年は中田と2人だけだった。「4人くらいいた方が、刺激し合ってやれる」と、自身の技術力向上にも意欲的だが、それ以上に大切にしたのはチーム力の向上。「自分のためというより、チームのため。3人は来年(戦力として)大事になるメンバー。みんなでいいものを出し合っていきたい」と続けた。

とデイリースポーツ。

投手陣のリーダーとして後進を育てようとするマエケン。

その目には24年振りの優勝を見据えているのでしょうか。

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ