東出「自分の状態を判断しながらキャンプに臨みたい」1軍復帰に意欲

カープの東出選手が休まずトレーニングをするそうです。

来季より2軍野手コーチ兼任とはいえ、1軍を目指す同選手。

 13年2月、春季キャンプの紅白戦で左膝前十字靱帯(じんたい)を断裂し、選手生命の危機に陥った。手術後は懸命のリハビリで今年3月に実戦復帰を果たした。今季ウエスタン成績は49試合で打率・272、0本塁打、8打点。「シーズンが終わっても運動量は落としていない。休まない。休むと体が動かなくなる」。来春キャンプまで、完全休養日は設けない方針だ。

現在も左膝のリハビリを続ける。本格練習に入る前にはスクワットなどで左膝に負荷をかける。考えた通りに左膝が動く「つながった」という感触を得るまで行う。2軍野手コーチ補佐兼任が決まっても、選手として妥協するつもりはない。

とデイリースポーツ。

セカンドはもう菊池がレギュラー固定でしょうから、1軍帯同でも控え&代打という感じでしょうか。

暗黒期と呼ばれたBクラスのカープを支えたこの人、復活が見たい。

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ