鈴木球団本部長「緒方監督は野村前監督と同じ野球観を持っている。この5年間の戦いを継続できる」

鈴木球団本部長が来季の展望を。

緒方孝市監督は野村謙二郎前監督の意思を引き継いでいるとコメント。

 来季の広島は、19代目(16人目)の監督として緒方孝市監督が指揮を執る。チーム強化を図る鈴木清明球団本部長は、阪神から獲得した新井らベテラン選手の存在感に期待。投手では前田健、大瀬良に続く先発陣の充実が不可欠と強調する。24年ぶりのリーグ優勝へ向け、展望と課題を聞いた。

本部長直々のコメント、震えます。

本部長はベテラン勢に期待しつつ、投手陣の底上げが必要だとお考えのようで。

中国新聞より

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ