【日刊】2014.05.17 エース対決の結果は残念なことに、マエケンの股間に打球直撃などもあり。 広島vs巨人 8回戦 [41試合目]

広島先発 前田健太、巨人先発 菅野で試合開始。

初回後攻巨人の先頭長野にいきなり2ベースを打たれ、マエケンの暴投もありあっさり失点。

3回にはランナー一人を置いてセペダに来日初となる2ランホームランを被弾。

6回広島はノーアウト1,2塁のチャンスを作るも菅野のワイルドピッチで1点しか取れず。

その裏、3アウト目となった阿部 の打球がマエケンの大事なところにぶつかる…

マエケン、心配すなぁ…

打線は元気なく散発4安打、相手のエラー絡みの1点のみ。

〜ここまで試合概要〜

 

先発 前田健太

調子は戻らずか。

6回103球、被安打4(うち本塁打1)、3失点。

しかも打球が男性の大事なところに当たるという(´・ω・`)

心配ですね(´・ω:;.:…

広島カープとしては取りたかった一戦、取れませんでした。

 

リリーフ陣

勝負をかけて中田廉が7回に登板、も中押しの1点を奪われる。

8回のフィリップスもダメ押しの1点を取られ。

さすが巨人と言うべきか。

仕方ない失点だったと切り替えましょう。

 

打撃陣

久しぶりに湿った打撃陣でした。

こんな日もあるでしょう。

明日の奮起に期待。

 

総評

勝ちたかった試合、落としてしまいましたね。

明日は交流戦前の最後の試合、広島先発 バリントン、巨人先発 セドン。

前回抑えられたセドン+前回乱れたバリントン。

好材料が見当たりませんが、なんとしてもカード勝ち越しを!!

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ