【日刊】2014.05.20 負けるべくして負けた、流れも余韻もよろしくない交流戦初戦、こっからじゃ。 広島vsソフトバンク [交流戦1試合目]

広島先発 篠田、ソフトバンク先発 スタンリッジで試合開始。

交流戦の大事な初戦。

2回、イ・デホの打球が篠田の足の甲を直撃、続投するも2アウトから松田3塁打→柳田タイムリーで先制点を献上。

3回にも2アウトから内川のソロを浴びる。

カープは4回に1アウト2,3塁のチャンスを作り、8,9番の2連続代打を送るも点を取れず。

投手はルーキー西原にスイッチ。

変わった西原はクイックの隙を突かれ盗塁を許すなどして2回を4失点。

7回にやっとスタンリッジを攻略、石原の2塁打・代打小窪のタイムリーで2点を返し、8回にも丸の2塁打から本日猛打賞となるキラのバックスクリーンへのホームラン!…かと思いきや、10分以上の審判団協議の結果2塁打に…。

その後は熱が冷めたように沈黙するカープ打線、初戦を落としました。

~ここまで試合概要~

 

先発篠田

4勝目はならず、3敗目。

打球直撃というアクシデントがありながら4回を無難にまとめたので文句はないでしょう。

3敗目とは言え、3勝しているので立派なローテーション投手。

 

リリーフ陣

勝ちパターンを温存したとはいえ、2番手のルーキー西原が誤算でしたね。

クイックができないのか走られ放題。

経験を積んだと良いように解釈するしか。

梅津・フィリップスは共に1回1安打無失点、ナイスピッチングでした。

 

打撃陣

ちょっとエンジンかかるのが送れましたね。

とはいえ、8安打3得点とある程度の結果は残せたので悪くはないでしょう。

キラの猛打賞が光りました。

 

交流戦成績

0勝 1敗 0分け 勝率.000

 

総評

守備・リリーフの乱れというカープの勝ちパターンとは真逆の試合だったため、負けるべくして負けたということか。

にしてもキラの当たり、ホームランじゃったと思うんですけどねぇ…

あとは 5/14 永川、5/17 マエケン、5/20 篠田と立て続けに投手へ打球が当たるというアクシデントが続いているのもイヤな感じ。

連敗は避けたい明日。

広島先発 九里、ソフトバンク先発 帆足。

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ