【日刊】2014.05.21 セリーグ首位の力、及ばず。魔の交流戦が幕を開いてしまうのか?連敗。 広島vsソフトバンク [交流戦2試合目]

広島先発 九里、ソフトバンク先発 帆足で試合開始。

九里は立ち上がりの1,2回、先頭バッターに四球を許すも好投。

5回まで先発九里は被安打1、帆足が被安打2と投手戦に。

試合が動いたのは6回、カープはヒット→送りバント→内野安打で1アウト1,3塁のチャンスを作るとバッターは4番エルドレッド。

痛恨の併殺に倒れる。

流れがソフトバンクに行ったのかその裏、先頭明石に3塁打→タイムリーで先制を許す。

が、後続の内川を併殺に仕留め流れをソフトバンクへ与えない。

8回、1アウトから投手九里への代打、廣瀬が2塁打!

代走赤松がワイルドピッチの間に3塁へ、そして代打、梵がきっちり仕事をし、犠牲フライで同点に!

同点での登板となった永川、まさかの3連打で1点を失いこれが決勝点に。

連敗。

~ここまで試合概要~

 

先発 九里亜蓮

裏ローテではありますが、7回を被安打4、1失点は上出来でしょう!

プロの試合に慣れてきた感じがします。

相変わらず荒れ気味なコントロールではあったものの3回以降、きっちりと修正した辺り、ドラフト2位の底力。

今シーズンのローテーションは確定でしょう。

 

リリーフ陣

負け投手となった永川。

これまで安定した投球を続けていただけに悔しいです。

同点直後の先頭バッターを出してしまったのが悔やまれる。

キャッチャーを石原に代えていれば…?と思わなくもない。

 

打撃陣

2併殺が痛かった。

帆足の調子が良さそうだったとはいえ、急に打線が冷え込んでいるのはよろしくない傾向か。

エルドレッド・キラが打てないとこうも点が入らないのかと思ってしまいます。

最終回のサファテはキレキレだったので仕方なし。

ふぅ(´・ω・`)

 

交流戦成績

0勝 2敗 0分け 勝率.000

 

総評

名将ノムケンの代打策はきっちり成功したので、采配負けではなく勝負のアヤということにしておきたいです。

ソフトバンクとの連戦、勝てる気がしなかったなぁ…

連戦中は結局一度もリードできず後手後手。

1日の移動を挟んでパリーグ首位のオリックス戦。

ここを落とすとイタイ…交流戦の勝率を5割に戻してもらいたい所存。

あーあ(´・ω:;.:…

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ