【日刊】2014.05.23 あと1本が出なかったカープ、今シーズン初の3連敗はこの先どう響いてくるのか 広島vsオリックス [交流戦3試合目]

広島先発 マエケン、オリックス先発 金子で試合開始。

初回、1アウトから名手菊池が正面のゴロを弾きエラーで出塁したランナーを2塁打で返され先制を許す。

4回、ノーアウトから四球でランナーを出すと、糸井に2塁打を許し2点目を与えるも前田健太は後続をきっちり絶つ。

5回、広島は1アウト2,3塁と金子を攻め立てるもあと1本が出ず、試合は後半へ。

カープはランナーこそ出すもののあと1本が出ず、7回には金子にタイムリーが出てダメ押しされ。

9回にキラのソロホームランで1点を返したのがやっとでした。

~ここまで試合概要~

 

先発 前田健太

久しぶりに内容が良かったんじゃないでしょうか。

7回111球、被安打5、自責2。

負けこそついたものの安定したピッチングでした。

惜しかったねぇ(´・ω・`)

 

リリーフ陣

中田廉、1回を三者凡退。

問題なし、さすが。

 

打撃陣

得点圏であと1本が出ず。

惜しい試合でしたねぇ。

パリーグで一番いいピッチャーの金子が抜群の投球だったので致し方なしか。

はたから見れば勢いがない打線、ですがわたくし導火線に火は付いていると思っています。

 

交流戦成績

0勝 3敗 0分け 勝率.000

 

総評

今シーズン初の3連敗。

交流戦がどうこう言うのは終わってからでいいでしょう。

目先の勝利にとらわれず。

そろそろ勝ちが見たい。

明日の広島先発は5連勝中の大瀬良vs八木。

貯金が1桁に逆戻り、貯金10に戻そう!!

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ