【日刊】2014.05.26 三次で再び貯金10の二桁に戻す、一時は同点にされるも突き放したカープ。 西武vs広島 [交流戦6試合目]

西武先発藤原、広島先発 篠田で試合開始。

初回、丸-菊池-松山-エルドレッドの4連打であっさり2点を先制するカープ。

先発篠田は2回に連打から内野ゴロの間に1点を失い、5回には四球-ヒットからの犠牲フライで同点に追いつかれ、ピンチのまま中田廉にスイッチ。

中田廉はきっちり抑え回またぎへ。

2~5回まで2度の得点圏を作るもあと1本が出ないカープは6回、2アウト1,3塁のチャンスを作ると、丸、ライトスタンドへ飛び込む勝ち越しの3ランで勝ち越し、2-5!

7回裏に入る前、濃霧による中断を挟み、リードを奪ったカープ、盤石のリリーフ陣が大活躍。

中田廉はきっちり2回1/3を0封、8回永川は三者凡退。

8回裏にはルーキー田中のソロホームランでダメ押しの1点。

余裕の出たカープは猛打賞の松山に代打の地元凱旋、梵。

梵は過去三次での試合で必ずヒットを放っており、今日も無事ヒット。

9回は防御率.000、セットアッパー一岡が三者凡退で連勝。

~ここまで試合概要~

 

先発 篠田

4回⅔ 72球、被安打6、自責2、裏ローテーションとしてはまずまずの内容でしょうか。

得点圏に4度ランナーを進めながら2失点で済ませたのは成長の証。

リリーフ陣の負担を減らすべく、次は6回投げて欲しいと思います。

 

リリーフ陣

連投となる中田廉は2回1/3を被安打1の無失点、完璧な投球。

8回は地元凱旋の永川、9回一岡が共に3者凡退。

リリーフの安定感、すさまじい。

中田廉は明後日お休みして欲しいですね。

 

打撃陣

エルドレッドが2014交流戦初打点をマーク。

相変わらず攻めきれない回はあるものの、打線が繋がり出した感、ありますね。

松山猛打賞、先発全員出塁。

打線に勢いがついてきたのは間違いないでしょう。

 

交流戦成績

2勝 4敗 0分け 勝率.333

 

総評

打線は水物ですが守備は違うはず、エラー2はいただけなかったですね。

とにかく、まだ交流戦の1/4。

貯金を再び二桁の10に戻したカープ、ここからどんな野球を見せてくれるか楽しみです。

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ