【日刊】2014.05.29 前日の敗戦は引きずることなく、エースと4番が仕事をして見事な勝利を飾る。 ロッテvs広島 [交流戦8試合目]

ロッテ先発成瀬、広島先発 前田健太で試合開始。

両チームのエース対決。

先制したのはカープでした。

初回、1番梵がヒット-2番菊池が送り-3番丸は四球を選ぶ。

打席は前日4打数無安打の4番、エルドレッド、ライトスタンドに放り込みました!先制の3ランで4番の仕事!!

2回裏にはびっくり石原のソロホームランが飛び出し、序盤で4点の援護をもらうマエケン。

5回にロッテ下位打線の連打から1点を返されるも、なんとか抑える。

取られたら取り返すカープ、その裏、本日2本目となるエルドレッドの17号ソロホームラン。

マエケンは順調に抑えつつ8回、2アウト2塁でヒットを打たれランナーはホームへ突入、中東の素晴らしい返球で失点を阻止。

9回は一岡、ここまで自責0、防御率が.000だったのですがついに自責点が2。

交流戦3勝目。

~ここまで試合概要~

 

先発 前田健太

ここ数年の絶対的感が今年は感じられませんねぇ。

悪いなりにまとめるのはさすが。

ヒーローインタビューで調子が上がってきたと言っているので、今後の投球に期待しましょうか。

 

リリーフ陣

絶対的だった一岡くん、ついに打たれましたね。

とはいえ、余裕のある点差だったのでこの経験がむしろバネになることでしょう。

一岡以外を温存できたのも良かった。

 

打撃陣

連日の二桁安打で文句なし。

何より一番梵が機能していることがうれしいです。

 

交流戦成績

3勝 5敗 0分け 勝率.375

 

総評

ちょっと急ぎ足で書いたので内容薄めですみません。

前日の敗戦を引きずることなくカードを1勝1敗で乗り切ることができたのは素晴らしかったです。

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ