68キロの西川龍馬、体作り&打撃フォーム改良でレギュラー奪取へ「体重を増やして、もうひと回りぐらいでかく」【お好みワイド】

[2016年12月 カープ選手インタビュー]

NHK広島 “お好みワイドひろしま” でカープ西川龍馬選手のインタビューが放送。今季の課題とその対策、来季への抱負。

レギュラー奪取へ、西川龍馬

西川「振らない日は、あんまり作らないように。いい準備をした中で、来シーズン迎えれたらいいなと思います」

西川「1打席でしっかり結果を残そうって自分は思ってたんで。その準備を怠らずに、かつ積極的に行けたらなっていうのは心がけてました」

——西川選手は1年目のことし、出番は主に終盤の代打でした。62試合に出場して打率は2割9分台をマーク。初球からどんどん振っていく積極性が光りました

——西川選手、一定の存在感を示した一方、課題も見つかりました。体重が68キロしかなく、手応え十分の当たりも長打にならないと感じたのです。そのうちの1打席が8月の巨人戦でした。代打で起用された西川選手は、抑えの澤村投手と対戦。150キロを超えるストレート1本に絞っていました。狙っていたストレートをフルスイングしましたが、打球はフェンスの前で失速。あとひと伸び足りませんでした

西川「いい感じにとらえたんですけど、力不足かなっていう感じの打球ですかね」

【次ページへ】 秋季キャンプでは体作りに取り組む

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

2件のコメント


  1. 線が細い事は前から気になってたから、肉体改造はいいね。
    しかし秋季キャンプで高コーチから、「フォームはいじるところがない。」と言われてたのに、フォーム改良はびっくり。
    西川、堂林、野間、この3人の来年の活躍が、楽しみw