盗塁王・日本一を目指す田中広輔「(死球は)自ら当たりにいくときもあった、恐怖心はなかった」【N6】

[2016年12月 カープ選手コメント]

RCCテレビ “RCCニュース6” でカープ田中広輔選手へのインタビューが放送。来季は盗塁王獲得、日本一を目標に掲げる田中広輔。

不動の1番 全試合フルイニング出場
田中広輔、来季はタイトル奪取

20161206 N6 不動の1番 全試合フルイニング出場 田中広輔、来季はタイトル奪取 01

——ことしはずっと1番で引っ張りましたね

田中「そうですね、なんとかやり切ることができました」

——1番打者としてこだわった数字は

田中「やっぱり1番を打ってたので、出塁率。あと得点にはこだわってました」

——本人の言葉通り、得点はリーグトップタイの102。今シーズン、カープ不動の1番打者となった田中広輔。打率はリーグ20位の.265ですが、出塁率は.367とリーグ10位。チームのために出塁にこだわり、デッドボールの数はリーグ1位。体を張ってチームに貢献しました

田中「自らね、当たりにいくときもあったりとかしたので、自分の中では恐怖心はなかったですね」

——デッドボールも怖がらない強心臓の田中。しかし25年ぶりのリーグ優勝を決めた試合で、最後の打球を処理したときの心境は意外にも

田中「絶対飛んでくるなって思ってました。(飛んできた瞬間は)最悪!と思いました。とりあえずグラブに入ってくれと思いながら捕りました」

【次ページへ】 CS・日本シリーズ~秋季キャンプ

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ