【日刊】2014.05.31 点が取れなきゃ勝てやしない、5月最後の試合はガッカリでした 広島vs楽天 [交流戦9試合目]

広島先発 大瀬良、楽天先発 美馬で試合開始。

カープは5&9回以外、得点圏にランナーを進めるもあと1本が出ず。

9回裏、0-0 で登板した永川が楽天A・Jにサヨナラ3ランを浴び、敗戦。

~ここまで試合概要~

 

先発 大瀬良 大地

6回101球、被安打4、四死球2、失点0。

首脳陣としてはもう少し投げて欲しかったと思います。

成績が文句なしなのでついつい期待してしまいますが、大卒ルーキーだということを考えれば、文句のない投球ですかね。

勝ちがつかなかったのは残念。

 

リリーフ陣

勝ちパターンの中田廉は2回を投げ被安打0無失点。

誤算の永川、先頭を塁に出したのが響きましたね。

 

打撃陣

5,9回以外、毎回得点圏にランナーを進めながらもあと1本が遠かった…。

梵が1人気を吐き4打席全出塁。

巡り合わせが悪かったんですかねぇ…

 

交流戦成績

3勝 6敗 0分け 勝率.333

 

総評

同点の9回を任せられる投手が他にいなかった…。

大瀬良くんがあと1回投げていれば、永川を使わなければ、結果から見ると色々言えるでしょう。

長い目で見て最善手を打っている首脳陣の采配、外れましたね。

さすがに勝ちパターン再編の動きが近々出るでしょう。

ダメな負け方をしちゃいましたね。

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ