鈴木誠也が追い求める究極の打撃「内川さんを超えたい」「10割は目指してます、抑えられたくない、そういった思いで常に練習やってます」【フロントドア】

究極の打撃感覚について

内川「『相手がこういうボールを投げるからここで打ったらあそこにホームランになる』っていう打席が1打席あったりとか」

内川「あとはボールを待ってる間にここで大きく、大きくなるんですよね。ポンって大きくなったからあれっ?と思ってもうそこを打っちゃったら飛んでった、みたいなのも1回ありましたし」

誠也「そういうのなったことないので、わからないですけど。そうなりたいなとは思ってますね」

誠也「止まって見える、ホントなんですかね?信じらんない」

誠也「でも遅く見えたりはしますけどね、ボールが。やっぱり調子良かったりすると。なんかラインが見えるというか、投げた人が投げた瞬間にこうやってここにくるな、ってのがわかるときとかはありますけど」

誠也「でも止まって見えたりとか大きく見えるっていうのは、体験したことないんで。体験してみたいっすね」

【次ページへ】 10割 200本 1,000打点


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ