愛妻家・下水流「しっかり感謝は伝えるようにしてます」次回は同級生の新婚・中村恭平【2017鯉一リレーインタビュー】

[2017年2月 カープ日南春季キャンプ]

J SPORTS 1 “野球好き広島キャンプin日南” で選手の素顔に迫るリレーインタビュー企画『鯉一』が放送。第3回は會澤翼捕手からバトンを受けた下水流昂選手。

2017鯉一リレーインタビュー 下水流昂

會澤「同級生で唯一野手で、1人なんでね。愛妻家じゃないですか?妻が好きなんで(笑)」

下水流「いやまぁ、もちろん愛妻家ですから、ボクは、はい(笑)」

——愛妻家だなと思ったエピソードを教えてください

下水流「愛妻家だと思うエピソード?難しいですね、どうですかね、まぁしっかり感謝は伝えるようにしてますし、ありがとうとは言いますかね、はい。そんなとこで勘弁してください(笑)」

昨シーズンを振り返って

下水流「去年1番1軍に出さしてもらったんで、スゴく良い経験になりましたし、また自分の足りないとこも去年たくさん見つかったので。またことし新たに、頑張ってやろうと思ってます」

新たに頑張るテーマ

下水流「テーマはやっぱりボクは野手なんで、打たないと生き残っていけないですし、去年は引っ張った打球多かったんで。もう少し広角に打てれば、もっと打率も上がってくると思いますし、より四球も選べたりとかいうことたくさんあると思うんで、ライバルは強力ですけど、なんとかそこに食い込んでいけれるように、気持ちだけは負けないようにしたいと思います」

ファースト守備

下水流「いまウチはみんな良い選手ばかりですから、なんとか他の人との差別化も図りながら、ファーストも少しやることによって、外野にも生きてくるかなと。まぁファーストもしっかり頑張りたいなと思ってます」

【次ページへ】 2017鯉一リレーインタビュー 下水流昂 後編

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ