護摩行前の堂林「意外といけるんじゃないかみたいな、甘い気持ちは正直ありました」「体験して、人生で1番キツかったですね」【MONDAY CARP STUDIO M】

[2017年2月 カープ選手インタビュー]

FM広島 “MONDAY CARP STUDIO M” で日南春季キャンプ中のカープ堂林翔太選手インタビューが放送。オフに新井さんへ弟子入りし臨んだ護摩行の乾燥を赤裸々に明かす。

堂林翔太、初の護摩行の感想

――護摩行はいかがでした?

堂林「想像を遙かに超えるキツさでしたね」

――護摩行前はどんな想像でした?

堂林「ん~、意外といけるんじゃないかみたいな、甘い気持ちは正直ありました。でも、崩されましたね、一気に。こんなことを10年間やってるのかって思うと。13年ですかね」

――まゆ毛とかまぶたに跡がまだ残ってますよね

堂林「そうですね、ボク残ってるんですよ」

――1カ月ぐらい経ってますよね?

堂林「まだ1カ月経ってないですかね、経たないぐらいです」

――ヤケドはもう治りましたか?という心配の声も

堂林「治ってないですね」

――新井さんからのアドバイスは?

堂林「まぁそうですね、何か『他のことが楽に感じるだろう』みたいな『アレ以上のキツさはない』みたいな、そういう言葉、言われて、そうやって自分が体験して、ホントに人生で1番キツかったですね」

――新井選手も1番護摩行がキツいと思ってらっしゃる?

堂林「そうですね、はい。アレを13年やるのはホントに……スゴいなって」

――1時間ぐらい?

堂林「1……2時間いかないぐらいですかね、2時間弱」

――その間、何か考えるんですか?

堂林「いや、無心です」

――汗はダラダラですか?

堂林「ダラダラでもう、体全体に汗をかいて、着てるものがもうビッショビショで。手足痺れて、このままどうなるんやろ?みたいな、途中で。でも声出せばガッと気持ち入るんで、何とか耐えれましたけど。意外に引いていくと、ホントに『熱い』で終わっちゃうんで、逆に気ぃ晴らしてガッっていったほうが、すぐ終わるじゃないですけど早く感じます」

堂林「やる前から新井さんに言われてて『気持ち入れてった方が良い』みたいな。飛びそうになりました、ホントに気絶するんかなと思いました」

――気持ちの切り替えとか気合いとか入りました?

堂林「気合いはやっぱり入りましたね。まぁそれが生かされてるかどうかってのはまだ、始まったばっかなんでわかんないですけど、これから出てくると思ってまずは練習の方、頑張りたいと思います」

広島FM [6日] MONDAY CARP STUDIO M より

2017年2月6日(月)20:00~20:55 | MONDAY CARP STUDIO “M” | 広島FM | radiko.jp

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ