山内泰幸さんがオープン戦振り返り、加藤・飯田・堂林・エルドレッド・ペーニャ【みんテレ】

[2017年3月 カープ関連 テレビ放送]

TSS テレビ新広島 “TSSみんなのテレビ②” にカープOB・野球解説者の山内泰幸さんが出演。20日のオープン戦を振り返り解説する山内さん。

山内泰幸さんがオープン戦振り返り

加藤拓也

山内さん「やっぱりランナーを背負って投球をするとボールが高めにいきやすい、この辺の課題を克服しないと少し苦しい投球になりますね」

山内さん「やっぱりなかなかキャッチャーの狙ったところとちょっとズレてしまうような投球が多かったですね」

飯田哲矢

山内さん「やっぱり中継ぎ投手の中に左ピッチャーっていうのがどうしてもやっぱ入って来て欲しいんですよね。左バッターだけじゃなくね、右バッターを抑えたってことはね、非常に自信にしてもらいたいですね、良かったですね」

堂林翔太

山内さん「ちょっとラッキーなヒットかもしれないですけど、こういう風に結果が出ることでね、ノっていってもらいたいですね」

総括

――まずは加藤投手、振り返っていかがでしょうか

山内さん「やっぱり5回で102球っていうので、球数が非常に多いということで、苦しい投球かな。内容はそんなに良くなかったと思いますね」

――ランナーが出てからのピッチングというのはルーキーが通る道だったりするんですか

山内さん「フォーム的にですね、クイック投法で投げますと腕がなかなかついてきてないんです、まだね。低めにいくような角度で腕が上がってきてないので、この部分をもう少し調整する必要がありますね。足を上げてランナーなしで投げるときはけっこう低めにいくんですけども、クイック投法で投げるとボールが高めに浮くというね。それを調整しようとして腕を緩めますと、力のない威力のないボールが低めにいきますんで、その辺はホントに課題ですね」

――開幕に向けてはいかがでしょうか

山内さん「いま悩んでるところだと思いますよ、おそらく首脳陣は」

――外国人枠なんですけども

山内さん「いまエルドレッド選手が当たりがきょうもなかったというところでね、非常に悩むところ。日本人選手にない長打力が非常に必要なんですけども、ここまで上がってこないとすると、どうなるのかなと。ペーニャ選手はよく打ててますので、その部分の絡みと」

山内さん「あとは外国人投手ですよね。この辺も絡んでくるので、先発ピッチャーではもうジョンソンが確定で、ジャクソンが確定なんですよね。あとやっぱり日本人の中継ぎ投手、特にいま中﨑が調整遅れてまして、後ろのピッチャーやっぱり必要なんですよ。そういう意味でヘーゲンズ投手をやっぱり中継ぎ以降に入れておきたいなとボクは思うんですよ。そういう部分でバッターの方も2人使うことできないと思うんですね、エルドレッドとペーニャをね」

――ではピッチャーに割くようなイメージ

山内さん「そうですね、おそらくそうなるんじゃないかなと思いますね。ただボクはなんとかエルドレッド選手復調してもらいたいんだけど、まぁ開幕が全てじゃないですからね。調子の良い選手をどんどん当てていって、あとは調子を上げてもらうという風にね、そういう風に考えていけばいいと思いますけどね」

テレビ新広島 [20日] TSSみんなのテレビ② より

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ