迫勝則さん著“神々のカープ物語”登場、2016年のカープを題材にしたフィクション小説

[2017年3月 カープ関連本]

2016年、25年ぶりのリーグ優勝を果たしたカープのフィクション小説が登場。著者はカープ本を何冊も執筆している迫勝則さん。

迫勝則さん著:神々のカープ物語

2016年の広島東洋カープの躍進を題材にしたフィクション小説。
カープの躍進の陰には、日本を見守り続けてきた「八百万神」たちの加護があった気まぐれで、人間味溢れ、
どこか憎めない神々たちが、プロ野球を天から眺め数々の名勝負を陰から操っていた。

軽妙な文体で、リズムよくスラスラと読める魅力溢れる短編作品集。

Amazon より

📆発売日
2017年4月7日
💴税込価格
1,404円

著者の迫勝則さんは RCC テレビの Eタウン・スポーツでもコメンテーターとして出演、これまでカープ本を何冊も世に送り出しています。

参考: カープ関連本一覧

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ