去年の失敗から逆方向を意識する田中広輔「(死球は)怖いですし『当たったら痛いな』って思う」【N6】

[2017年5月 カープ選手インタビュー]

RCCテレビ “RCCニュース6” でカープ田中広輔選手のインタビューが放送。昨年の失敗を踏まえ、逆方向を意識するようになったと田中広輔。

田中広輔の進化、逆方向への意識

田中「ホントにスゴく良い雰囲気で毎試合毎試合、戦えてると思います。意識したことを1年間やり通すっていうのを意識してはやってますね」

逆方向への意識

田中「ガマンしてね、逆方向へ低い打球を打つっていうのは意識しながらやってますね。逆方向に打ってやろうって狙って打ってるわけじゃないので、意識してる分、打球がね、逆方向にいってるだけだと思ってるので」

田中「『強く振りたい』とか『遠くに飛ばしたい』っていう気持ちもあるので。でも去年はそれで失敗した部分もあったので。今はね、しっかりガマンして意識しながらやってます」

内角攻め

田中「もちろん怖いですし『イヤだな』『当たったら痛いな』って思うんですけど、それでも当たって塁に出た方がチームのためになりますし出塁率も上がるので、ガマンして向かうようにはしてますけどね」

田中「1戦1戦大事に一生懸命戦っていきたいなと思います」

RCCテレビ [18日] RCCニュース6 より

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ