負傷交代の鈴木誠也『右脛骨内果剥離骨折』の診断、全治不明で24日に広島市内の病院へ

[2017年8月 カープ選手速報]

23日のDeNA戦で守備の際にケガ、負傷交代したカープ鈴木誠也選手。病院での診断結果が報じられました。

負傷交代の鈴木誠也、診断結果は右脛骨内果剥離骨折

途中交代した広島・鈴木誠也外野手(23)が右脛骨内果剥離骨折と診断された。全治は不明。24日に広島市内の病院でチームドクターの診察を受ける。

デイリースポーツより

鈴木誠也選手はここまで全115試合に出場、打率.300 HR26 打点90。シーズン途中から98試合4番を務めています。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ