カープ球団初導入のCSチケット抽選は転売対策&店の混雑対応!球団「ファンの不満もあると聞いている、少しでも平等になり得る販売方法」

[2017年9月 カープ関連ニュース]

NHK広島 “ひろしまニュース845” でクライマックスシリーズのチケット販売に関して放送。球団初となる抽選方式の導入は、転売対策&コンビニの混雑対応であったようです。

カープ球団初導入のCSチケット抽選は転売対策&店の混雑対応

――37年ぶりのリーグ連覇を果たしたカープは、来月18日から始まるクライマックスシリーズファイナルステージで、ファーストステージの勝者と日本シリーズ出場をかけて対戦します。ファイナルステージはすべてマツダスタジアムで行われ、球団では、初戦から第6戦までのすべての試合についてチケットの販売をあすから始めます

――去年はコンビニエンスストアの店内にある機器やインターネットで先着順で販売されましたが、店の中に列が出来て混雑したり、チケットが高額で転売されたりしました。それらの対策として、球団はことし、チケットの購入申し込みをしたあと、抽せんを経て購入ができる方式を初めて取り入れました。申し込み期間はあすの午前10時から今月24日の午後6時までで、主にインターネットで、1試合につき、1つの席の種類について1人6枚まで申し込むことができます

――球団では“先着順だと店側が対応に困っていた。また、チケットを転売されることへのファンの不満もあると聞いているので、少しでも平等になり得る販売方法をとった”としています

NHK広島 [21日] ひろしまニュース845 より

関連記事

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

2件のコメント


  1. 観戦スタンドの増設を!
    レフト側外野席の増設は十分スペースがありそうです。
    オフに5千人程度のスタンドの増設をしていただきたい。
    スタンドの増設がチケット取得不評の解決策と思います。

    返信

コメントを残す